最近のトラックバック

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

暑過ぎます・・・

明日の予報も30℃超。

札幌まで29℃。この時期にこの暑さはやっぱり異常。

来週から少しずつ涼しくなるらしいけど・・・

今週末は、友人達が富山に遊びに来るので

富山ならではのトロッコ列車や立山に登ってきます。

最後は、4月に家族で泊まった七尾の民宿で泊まります。

天気は、毎日予報が変わるので当日にならないとわからないか。

今の所はくもり。雨じゃないからよかったか。

雨だったら何しに来たかわからないものね。

1等賞と120°

昨日、リホの運動会があった。

1週間前の予報では、曇のち雨で1週間のうちで最も降水確率が

高く70%で、それがだんだん近づくにつれ降水確率が減っててきた。

当日は、晴れ。

台風の影響でフェーン現象で朝からものすごく暑い。

今年は役員なので、前日の夕方から道具の出し入れの説明と

当日の保護者の競技の練習があるので必ず出席してくださいと

念押しの電話が2日前にあったので、ほとんど出席した。

今年の保護者の競技は「ビリーズ・ブート・キャンプ」

私は実際にDVDを見たことがないのでわからないのだが

先生曰く、「ものすごく簡単にしてあるので大丈夫です。当日は

役員さんが率先して1番前でしてください」と。

10分弱だっただろうか・・・

1回だけ練習して当日になった。

当日は、道具の出し入れは結構段取りよくできて

後から「今年の役員さんはとてもスムーズにしてくれた」とお褒めの言葉をいただいた。

で、肝心の「ビリーズ・・・」

朝、「私、筋肉痛」という人もいたけど、私は一生懸命しなかったせいか(?)

それほどでもなかったけれど、本番になったら、「あれ?痛い」と(^^;

きっと張り切りすぎたんでしょうね・・・

帰る頃には腿のうしろの筋が痛い。

この日の最高気温は36℃。炎天下でがんばりました。

途中で園で用意してくれたお茶がなくなり、脱水を起しそうになって

みんな構わず水道の水を飲んでました。

片付け後、反省会&役員会。

その後、たぶん私だけ?仕事に行きました。

できるわけないよね・・・義母が同窓会へ行ったので

リホも一緒に連れて行ったので、ほとんど遊んでました。

今朝、座って足を伸ばそうと思ったら伸びない。

無理矢理伸ばしてみたら、前屈の姿勢をしてみたら

直角にもならない。たぶん120°くらい。

背中もバリバリ・・・(T_T)

あっ、「1等賞」はリホとの親子競技で1等賞をとりました。

たぶん、運動会人生初の1等賞。(私がです)

今後の予定

昨日、久々に家のPCを開いたら、やっぱり調子がおかしくて

(勝手にスクロールしてしまって、上の方が見えない)

そういう会社のPCもかなり不安定で、そのために仕事がはかどらずに

困っている。

思い切って、社長にPC替えて欲しいと言おうかしら?

まあ、私の使い方が悪いからだと言われるに決まっている。

(そういう問題じゃないと思うけれど)

9月に入ってから、急に朝晩涼しくなり、先週は体調が悪くて

この状態がしばらく続くのかと思ったけれど、今週はだいぶよくなってきた。

それと同時に秋の花粉症が始まったらしく、春ほどひどくはないけれど

朝はくしゃみと共に始まる感じ(^^;

今月は、今週末に運動会(役員なので手伝いあり)

来週末は、友人達が富山に遊びにくるのでその段取り、

その次の週は、おじさん(社長)の還暦祝い出席、

10月に入ってから、第一週末に義弟が帰省とびっしり予定が入っている。

その上、10月末のお祭りでは、夫が責任者になるので

その細かい仕事(決めるのは夫だけれど書類作成は私)

11月末には夫の初老祝い(今年厄年なので、富山では親戚を呼んで宴会をする風習がある)もあり・・・

なんだかなあ~

残暑厳しき折

先週からぐーっと涼しくなり、こうして秋に突入か?!と思いきや

昨日の午後から暑さがぶり返し、今日もかなり暑い。

今年の夏も相当暑かったけれど、昨年の夏、部屋の温度が37度まで

上がったけれど、今年はそこまで行かなかったなあ。

それに、熱帯夜で寝苦しいという日も、2~3日だったような・・・

ここで、気温の差などで、体調を崩さないようにしなければ・・・

ところで、義弟の2人目の子供が先月21日に生まれました。

今度も女の子でした。リホにとっては良かったかな?

義弟達は、今年でアメリカでの仕事も任期を終え、

義妹は、飛行機に乗れるぎりぎりの7月20日頃に帰国

義弟は8月10日に帰国しました。

1人目の子供はN.Y生まれ(なので、アメリカ国籍も持ってる。)

でも、まだ2歳半なので残念ながら英語も話せずに帰国(日本語だって片言です)

以前に書こうと思ってそのままになってしまったけれど、

アメリカって子育ても、、ものすごくアバウト。

昨年のお正月に帰ってきた時のことです。

その時、姪のアキちゃんは、ちょうど1歳のお誕生日を迎えた頃でした。

寝る前に哺乳瓶いっぱいにミルクを作る義妹のあやちゃん。

「一晩で少しずつ飲ませるんです。」

何ですと~?!

私の記憶が確かならば、ミルクは飲ませるたびに作り、

飲み残したら捨てる。作ってから10分後には雑菌が増えるので。

びっくりする心を落ち着かせながら、遠まわしに「冷たくなっても飲むの?」

(しかも、この時は真冬ですぐにコールドミルクになるはず)

「はい、飲んじゃいます。」

何ですと~?!

冷たくても赤ちゃんは飲んでくれるのですか?!

驚く私に追い討ちをかけるように

「友達なんて、朝1日分のミルク・・・1Lくらいだったかしら・・・

いっぺんに作ってそれを飲ませてました。そうしたら

だんなさんにも預けても楽だって言ってましたよ。」

何ですと~?!

「ねえねえ、消毒とかって・・・してるの?」と恐る恐る聞いたら

「1回もしたことがありません。」

2歳半になった、アキちゃん。元気です。(^_^;)V

「日本で最初の子を産んだ友達は、ちゃんと消毒してましたけどね・・・」

アメリカ生まれの子供は抵抗力が強いのか?

そんなわけないよね。

それを聞いて、日本って過剰すぎるのかなあと思った。

抗菌抗菌と言って、雑菌を寄せ付けなくなってから、

アレルギーが増えたって聞いたことがあるしね・・・

でも、もし、次に子供を産んだとしても・・・

私にはそんな勇気はありません・・・・

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ