最近のトラックバック

« 母の死 その1 | トップページ | 母の死 その3(通夜前日) »

母の死 その2

結局、10時過ぎに家を出発した。

たぶん、30分くらいは経ってしまったかもしれない。

それから、20分くらい経った時、

姉からまた電話があった。

「父もまだ着いていないけれど

手術はしてもらったけれど、『心臓は止まってしまって

30分以上心臓マッサージをしたけれど

どうしますか』と聞かれた。

父と相談して、もうやめてもらった。」

涙が止まりませんでした。

「何もしてあげられなかった」

その後、悲しいかな、

母の死と直面しているのに

仕事のこと(月末なので給与計算)が

頭をよぎり、仕事してから母に会いに行こうか

迷いだしました。

商売人って悲しいものです。

親の死より、そんなことを考えてしまうのですから。

でも、やっぱり、母に会いに行くことにしました。

途中、2回ほど休憩して(徹夜で走りましたから)

着いたのは、朝の5時半ごろでした。

もう、母は家に戻っていました。

顔も見られずに、お線香をあげました。

9時から、セレモニーホールの人が来ると

いうので(実際は10時過ぎにきた)

その間、何をしていたのか、全く覚えがありません。

担当の人が来てから、段どりや

祭壇から、火葬場のランクに至るまで

事細かに決めていきました。

2時間くらいかけてようやく

決めました。

実は、母の叔母が前日に亡くなり

27日通夜、28日告別式と決まっていて

母も行く気で用意をしていました。

なので、母の親類(と言っても叔母さんと

その旦那さんといとこ2人)が来られないと

困ると思い、通常なら

「28日お通夜 29日告別式」のところ

「29日お通夜 30日告別式」になった。

その日は、夕方出発で、

一旦、富山に戻り、リホは月曜日は学校に

私は、午前中、月末の仕事を終わらせ、

月曜の午後から、1人で

埼玉に向かいました。

(続く)

« 母の死 その1 | トップページ | 母の死 その3(通夜前日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母の死 その1 | トップページ | 母の死 その3(通夜前日) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ