最近のトラックバック

« 母の死 その2 | トップページ | 母の日 その4(通夜当日) »

母の死 その3(通夜前日)

月曜日(28日)の夕方、大宮に着いてから

母の棺に入れるため、母の大好きだった

泉屋のクッキーを探しに行った。

でも、そこには置いてなくて

結局、買わずに家に向かった。

前日の打ち合わせの時

遺影の写真を決める時に

姉が私の夫の初老の祝いの時の

写真を選んでいた。

遺影にする時には

顔の大きさが親指の爪の大きさほどないと

ボヤけると言われ、その写真は、とてもいい顔だったのですが

微妙に小さいと言われました。

ふと、思い出したのが、リホのお宮参りの時

父が、「みんなで写真を撮ろう」と言って

父の友人の写真館で、写真を撮ったのを

思い出して、

「家にあるから、見てくる」と言って

この時に持ってきました。

私が、実家に着いたのと、ほぼ同時に

セレモニー係の人が写真を取りに来て

(午後8時でした)

家族も「それがいいね」ということで

渡しました。

一昔前は、合成写真で

黒い着物を着せた写真にしていたけれど

今は、その人が来ていた服をそのまま

遺影にするそうです。

余談ですが、

火葬場の横の人の写真を見たら

登山の時の写真だったり、

火消しの法被を着た写真が

おいてありました。

その遺影は、「いい写真だね」と

何人の人にも言われたので、母も

喜んでいるかなあと思いました。

お世話係の人に写真を預けたあと、

夕飯を食べ、香典やお坊さんのお布施の

準備をしました。

その日は、私のいない間は、

朝9時に、母は一旦、白装束に着替え

させてもらうために、預かってもらい

姉は、仕事に行き

午後からは、引き出物と料理の発注を

しました。

その日も、寝るのは、2時か3時になりました。

土曜日から、ずっと、睡眠時間は

3時間くらいでした。

(続く)

« 母の死 その2 | トップページ | 母の日 その4(通夜当日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母の死 その2 | トップページ | 母の日 その4(通夜当日) »