最近のトラックバック

« 母の死 その3(通夜前日) | トップページ | 母の死 その5(告別式当日) »

母の日 その4(通夜当日)

私たちでも、へとへとなのに

父の体がとても心配でした。

前日、自分から、

「明日(29日、通夜当日)、病院に行って

て点滴打ってもらう」と言って

午前中は、姉と一緒に病院へ行きました。

点滴に2時間かかるというので

姉は、お昼すぎに一旦、家に戻りました。

母が、その病院のあんパンを

「ものすごくおいしい」と言っていたというので

姉は、それを入れてあげようと買ってきました。

1日余裕があったおかげで

その日は、来客もなく

午前中は、姪と2人で

外回りを片づけました。

母が買って、植えてない

花の苗も植えました。

黄色の「夏すみれ」と

もう一つも黄色の花でした。

父は、入院中だったので

その日、退院手続きを取り

退院してきました。

(本当は、その週の木曜日までは

入院予定だったのです)

点滴を打って元気になったみたいでした。

納棺の儀式が、3時から始まりました。

家族で、旅支度を手伝いました。

一足先に、母が出ていき、

私たちは4時半ごろ、会場に行きました。

たくさんの数の生花とお供えものが

ありましたが、

私は、ずっと夢の中にいるようでした。

担当の人が、一応段取りを説明してくれたのですが

全く頭に入らない状態でした。

6時から通夜が始まり

ほとんど、父の仕事関係の人ばかりでしたが

中には、母の友達も来てくれて

なんだか、こんな時に会うなんて・・・と

いう感じでした。

たくさんの人にお焼香をしてもらい

改めて「もう、これでお別れなんだ」と

実感しました。

家に帰ってきてから

その日は、ワールドカップの日本戦があり

母が亡くなってから、

初めてTVを見ました。

今まで、TVをつけていても

一向に頭に入ってこない状態で

それは、父も姉も同じだったようです。

« 母の死 その3(通夜前日) | トップページ | 母の死 その5(告別式当日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いろいろお疲れ様でした。
読んでいて、そうそう父の時もこんな感じだった、といろいろ思い出しました。
お父様も大病をなさっているのに、大変でしたね。

泉屋のクッキー、懐かしかったです。
そう言えば最近はあまり見かけませんよね。

ミッチノさんへ

離れて暮らしているので
実は、まだ実感がないんです。

電話も1カ月以上していなかったので…


そうはいうものの、全然
頭が機能してなくて
疲れはとっくに取れてるのに
ひどい状態ですgawk

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母の死 その3(通夜前日) | トップページ | 母の死 その5(告別式当日) »