最近のトラックバック

« 最低気温 | トップページ | 片づけと自分へのご褒美 »

左義長

今朝はさらに気温が下がり、-3度shock

でも、日中は、なんと9度!

3月中旬の陽気だそうだ。

一応、sunなんだけど

薄い雲のベールがかかかっています。

さて、今日の話は・・・

14日に左義長が行われた。

富山県の風習なのかと思いきや、

そうでもないらしい。

ミッチノさんの方でも

毎年、「どんど焼き」が行われるそうだ。

今年、娘が、学校の社会の授業で

市内の祭りについて(獅子舞や左義長など)

調べたいものを調べるという宿題があって

ネットで調べてみたら、あった、あった。

左義長とは・・・ここをクリックgood

義父母にも最初聞いたけど

本当の意味は知らないと言ってた。

要するに

門松や注連飾りで歳神さまを迎え

小正月(15日)に焚き上げて

お見送りをするっていうことらしい。

知らなかったあ~

その時、書初めを一緒に燃やして

炎が高く上がれば、字が上達するといわれてるそうだ。

今まで、聞いた話では

書初めを入れた時に

燃えかすが高く上がると上達するって

聞いてたけど

炎なのね。

その時にもちを焼いて食べるそうだ。

今年は、天気も良かったのに

いつもより、人が少なかった。

しかも、午後6時半点火だったんだけど

なかなか燃えず、

結局11時過ぎまでかかったらしい。

うちの方では、児童クラブに入っている

お父さん達がすることになっている。

いつもだったら、9時過ぎに終わるのに。

中に入っていた、もみ殻が湿っていて

なかなか燃えなかったんだって。

あとは、富山県は、25日の天神さんをお見送りです。

この話は、また今度。

« 最低気温 | トップページ | 片づけと自分へのご褒美 »

歳時記」カテゴリの記事

気象、天気」カテゴリの記事

コメント

そちらではお見送りなんですね。
こちらでそれは聞いたこと無いので、お知らせに書く通り『今年の無病息災を祈って』やるものだと思います。
以前、ネットで調べたことがあるけど、やっぱりそんな意味だったと思います。
名称が違うし、意味も違うのでしょうね。
東京でどんど焼きをやらないのは、火事のリスクがあるので江戸時代に禁止になったからだそうで、なるほどと思いました。
で、神奈川でも左議長ってあるんですねsign03
富山とか西の方の風習だと思っていたけど。
書初めの話は聞きますが、こちらでは誰も持ってきません。
私も燃えて灰になったものが高く上がったらと思ってましたが、炎なんですね。

ミッチノさんへ

返事を書いたつもりが7、消えている…
送信忘れですね、きっとcoldsweats01

無病息災というのも、本当らしいですよ。
その残った灰を持って帰って
家の周りにまくといいと…

でも、うちの方ではだれもしてませんけどcoldsweats01

うちの方も本当のところは
昔からの風習ってことで
意味が分かっている人は少ないような
気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最低気温 | トップページ | 片づけと自分へのご褒美 »